梅雨の時期の選択(洗濯)

MENU

梅雨の時期の洗濯

梅雨の時期で一番困るのが「洗濯物」じゃないでしょうか。
外に干すことができない日が多く、部屋干しの生乾きの臭いや肌触りは不快です。

 

最近では、部屋干し用の洗剤があるなど、多少なりとも改善することができると思いますが、様々な主婦が実践する梅雨時期の選択対策をご紹介したいと思います。

 

<干し方を考える>
そもそも部屋干しの臭いの原因は、長時間洗濯物が湿っているから、雑菌が繁殖していまう事にあります。
ということは、少しでも早く乾かす必要があるというわけです。さっさと乾いてしまえば臭いも発生しません。

 

そこで最初に思いつくのは乾燥機でしょうか。しかし、乾燥機がついていない洗濯機を使っている場合、買い換えるにも出費が大きいし、簡単にできることではありません。

 

コインランドリーの乾燥機だけを使うというのも手ですが、それも毎日続けば出費はかさみますね。そういったものに頼る前に、自分で出来ることを実行してみましょう。
下記は出来るだけ早く乾かすためのアイデアと方法です。

 

梅雨の時期の選択(洗濯)

 

  1. ・洗濯物同士は出来るだけ離してくっつかないようにする。
  2. ・干す時は、長いものや大きいものを中央に持ってきて、外側に短いものや小さいものを干す。
  3. ・干した洗濯物の下や傍に新聞紙を置いて、余計な湿気を吸い取る。
  4. ・靴下を干す時は履き口をしたにする。
  5. ・なるべく窓際の日が差す場所に干す。

 

<物は使いよう>
普段洗濯物を乾かすためのものでなくとも、使い方によっては便利道具に大変身という場合もあります。
ちょっとした使い方のコツで洗濯物も乾きやすくなります。

 

  1. ・ビニール袋の中に洗濯物を入れて、ドライヤーの熱を逃がさず当てることで乾かす。
  2. ・扇風機を使って送風する。
  3. ・浴室乾燥機がついている場合は、お風呂場に洗濯物を干す。

 

扇風機の場合だと、消費電力も少なく空気を巡回させることで、湿気対策にもなります。したから風を送ることで早く乾かすことができますよ。
ドライヤーを使う場合は、大きめのビニール袋に少なめの洗濯物を入れて、乾燥機のように揺らしながら暖かい風を送ります。

 

また、ある程度乾いたらアイロンをかけるというのも手です。ある程度の水分なら揮発してくれます。

 

ただ、洗濯物を干すのではなく、ちょっとした工夫でいつもよりも早く乾かすことができますよ。
いろいろな方法を探してみるのも、楽しみながら家事を行う手段です。梅雨時期の洗濯の悩みが少しでも減るといいですね。