梅雨の時期の気持ち

MENU

梅雨の気持ち

ジメジメした梅雨時期って、特に理由があるわけでもなく、ただなんとなく体調が悪いなんてことあると思います。
何故かやる気が起きずにだるさを感じる人が多いみたいです。梅雨の時期というは体調の変化が非常に起こりやすいのです。

 

人間のからだというのは、気温の変化に合わせて体温を調節しています。冬から春になり徐々に気温が上がり、6月頃になってようやく体が暑さに慣れてくるんですが、その矢先に梅雨が始まるというわけです。

 

梅雨の時期というのは、晴れている日は気温が高く暑いのに対して、雨の日は一気に気温が下がり肌寒い状態になります。寒暖の差が非常に大きいために体がついていかなくなってしまうのです。

 

梅雨の時期の気持ち

 

<晴れているときは外へ>

スッキリと晴れている日でなくとも、雨があがっているときは出来るだけ外へ出ましょう。
室内で仕事をしている人も、お昼休みなどに少し散歩するだけでも気分転換になります。
太陽の光を浴びると、体内時計などの体の中の状態を整えてくれます。

 

憂鬱になりがちな気分を気持ちよくリセットすることによって、だるさも解消されます。

 

<天気予報を見ておこう>

毎日天気予報をチェックしておくこともオススメです。雨の状態や気温を確認して、気温が下がりそうな日は羽織るものをもって出かけるなど、衣類の調整をしましょう。

 

晴れている日を狙って、寝具を干したり外へ出かける予定を立てて、メリハリのある生活を送るよう心がけてみましょう。

 

<腰痛持ちは要注意>

また梅雨の時期は、慢性的な腰痛を持っている人にとっては辛い時期です。
はっきりとした原因はわかりませんが、梅雨になると腰が痛み調子が悪いという人は多いようです。

 

天気と痛みは大きな関係があるようです。
特に気圧の変化が大きな影響を与えているようです。気圧が下がると痛みが出てくると言われています。

 

そんなときは軽くストレッチをしてみたり、痛む部分を温めてみてください。体が冷えないように気をつけることで痛みは軽減することができます。
少し熱めのお風呂で体をほぐすのもいいですね。エアコンの使いすぎにも十分注意が必要です。

 

季節の変わり目などはどうしても体調を崩しがちです。
薄暗く湿気の多い梅雨時期は、気持ちも塞ぎがちです。
気分はそのまま体へも影響を与えます。

 

気持ちが沈みがちでだるさを感じることが多い梅雨時期ですが、気持ちよく過ごし、やる気を出すためにも生活のメリハリが大事です。