光老化とは

MENU

光老化とは

最近はアンチエイジングという言葉も浸透して、知らない人はほとんどいないのではないかと思います。

 

エイジングケアといえば、肌の老化防止のためのケアですが、そもそも肌の老化には種類があるのを知ってますか?
大きく2つに分けることができます。

 

それが「自然老化」と「光老化」です。

 

自然老化というのは、年齢を重ねることで、肌の機能や体の衰えによって起こる自然な形の老化現象です。

 

それに比べて光老化とは、紫外線を浴びることで、肌にダメージが加わって起こる老化現象です。老化現象の約8割が、この光老化によるものだと言われているそうです。
光老化とは リフトアップしてもまた老化しないように

 

肌の老化である、しわやシミ
これが光老化による影響ならば、その影響を極力抑えることで、いつまでも綺麗な肌を維持することができるのでは?と思います。

 

それには、紫外線を知る必要があります。何かと耳にする紫外線ですが、よくよく知らないといった人の方が多いと思います。

 

 

光には種類があります。太陽から地球の地上へ届く光の中で、波長の長い順に「赤外線」「可視光線」「紫外線」「X線」「ガンマ線」というふうにあります。

 

可視光線といえば虹に見える7色です。この順番は長い順に、赤・ダイダイ・緑・空色・藍色・紫の順になります。

 

紫外線はこの紫の外側という意味で紫外線と呼ばれています。英語で言うとUVです。

 

普段「きれいだな〜」程度にしか考えていませんでしたが、虹や光にはいろいろとあるんですね。

 

更に、この紫外線には種類があって、UV−A・UV−B・UV−Cに分けられます。

 

その中で、UV−Cというのはオゾン層によって吸収されるので、地表には届かないと言われています。

 

なので、影響が恐れられるのは、AとBというわけです。

 

UV−Bは一部は届く途中でオゾン層に吸収されて、残りが地上に届きます。そして、肌の表皮の部分に影響を及ぼします。

 

それに比べてUV−Aは非常に厄介です。オゾン層で吸収されることもなく、また雲やガラスも全部通過して肌へ直撃するのです。

 

 

よって、肌の表皮だけでなく、真皮にまで影響を及ぼすと言われています。

光老化とは リフトアップしてもまた老化しないように

深いシワを作ってしまう原因は、このUV−Aによる影響が大なんです。

 

 

光老化は防ごうと思えば防ぐことができる老化現象です。UVケアや帽子・日傘などできる限りの対策は必須です。

 

いつまでも綺麗でいるために、今まで日傘なんて使ったことありませんでしたが、今年からは必須アイテムとして持ち歩きたいと思います。